ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年03月31日 主要3国で活発な投資続く - 13年の日本の直投、自動車目立つ

 東南アジアへの活発な外国直接投資(FDI)が続いている。特に製造業からの注目度が高いインドネシアとタイ、ベトナムの2013年の実績を概観する。

 インドネシア投資調整庁(BKPM)によると、13年の同国へのFDI(実行ベース)は286億1754万米ドルで前年比16.5%増加し、過去最高を記録した。国・地域別では日本が47億1289万米ドル(前年比16.5%増)でトップとなり、シンガポール(46億7080万米ドル)、米国(24億3575万米ドル)などが続いた。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込