ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年08月24日 ミャンマーで楽器事業を展開 - ティーアンドアール

 1985年創業のティーアンドアール社は化学工業薬品の取引を主なビジネスとする商社。国内に加え、台湾、韓国、香港、中国、アメリカ、ドイツなど、世界中でビジネスを展開している一方で、足元の特にミャンマーでは楽器事業をコアビジネスにして活動している。

 化学工業薬品の商社である同社がミャンマーで楽器事業を取り組むようになったのは、元々は代表取締役の松井隆昌社長が2003年に同国を訪問した際、偶然現地の楽器店の店主と懇意になったことがきっかけだったという。「中古再生ピアノを輸入したい」という楽器店店主の要望に応え、ヤマハで勤めていた人脈を活かし、ミャンマーへのピアノ輸出を実現した。当初300万円程度だった輸出額は数量の増加や取扱い商品の拡大に伴い3年ほどで2000万円となり、現在では2億円を越えるまでに拡大した。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込