ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年07月04日 ベトナム進出も労務費の低さに頼らず - 南信精機製作所

 東南アジア主要国の中で最も労務コストの低いベトナムで、進出当初から省人化に取り組む企業がある。車載部品や精密プレスを手がける南信精機製作所(長野県上伊那郡)は、2014年に南部ビンズオン省に進出し、現在では20人体制で生産活動を行う。省人化を行う理由は、労務問題のリスクを最小限に抑えるためと、魅力ある工場として顧客へのPR効果があるため。その背景には、ベトナムに先立って事業展開した中国での苦い経験もあったという。片桐良晃社長がこのほど、東京での講演で説明した。

 長野県の本社と中国、ベトナムを拠点に、自動車や電機・電子業界などへ部品を供給している。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込