ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年08月22日 東南アに広がるニッチトップ企業 - デニムのカイハラの事例から

 特定の分野で非常に高い市場シェアをもつニッチトップ企業が、日本を飛び出し東南アジアに広がりつつある。

需要地に生産拠点を設立

 デニム生地最大手のカイハラ(広島県福山市)は、初の海外生産拠点をタイに設立した。バンコク西方のラチャブリ県に工場を設け、2016年初頭から稼働開始。敷地は14万3000平方メートルを確保しており、生産体制を段階的に構築して、ロープ染色から織布、整理加工までの一貫体制を整えていく。投資額は約90億円で、資金は民間金融機関からの融資のほか、国際協力銀行(JBIC)の「海外展開支援融資ファシリティ」や商工組合中央金庫(商工中金)の「グローバルニッチトップ支援貸付制度」の適用を受けた。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込