ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年02月06日 楽器で子どもの成長を支援 - ヤマハ、課外活動向けプログラム提供

 ヤマハ(7951)が、需要創造とCSR(企業の社会的責任)の一環として、楽器演奏を通じた子どもたちの成長支援に取り組んでいる。東南アジアなどでは、学校教育現場における設備や指導者の不足から、楽器に触れる機会に恵まれない子どもたちが少なくなく、学校での音楽教育も歌唱と知識の指導が中心だ。楽器演奏の楽しさや素晴らしさを伝えることで、子供たちの感性や創造性の育成を手助けするとともに、楽器演奏人口の拡大を図り、将来市場の創造に繋げる。

教材や楽器などをパッケージで提供

 学校の課外活動の中で音楽活動の活性化を支援する「Music Time」プログラムを開発し、2015年から現地展開を始めた。「Music Time」は、ヤマハが培ってきた音楽教育ノウハウをいかして専用教材と研修プログラムを作成したもので、楽器や指導者もパッケージとして提供する。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込