ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年06月26日 東南アジアECへの参入を支援 - トゥルーコンサルティング

 萱沼真吾氏が代表を務めるトゥルーコンサルティング社は、「東南アジア版アマゾン」と呼ばれるECモール「LAZADA」を活用した越境EC参入サービスを取り扱っている。「LAZADA」はドイツのロケット・インターネット社が創立し、2016年に中国のアリババによって10億ドルで買収された。「LAZADA」の特徴は、インドネシア、フィリピン、ベトナム、タイ、マレーシア、シンガポールの6カ国で展開していることだ。アセアンのEC市場の規模は日本や中国と比べて小さいものの、成長は著しく、今後ますますの発展が期待されている。

 「LAZADA」利用のメリットは、現地に実際に進出して商品販売を行うのと比べてはるかに低コストで、

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込