ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年07月03日 ごみ焼却発電プラント1号機が稼働 - 日立造船

 日立造船(7004)が、東南アジアでごみ焼却発電プラントの普及を図っている。各国では、経済発展や都市化を背景にごみの発生量が大幅に増えているほか、電力需要への対応も差し迫った課題。プラントは両面の課題解決につながることから、今後ニーズがさらに高まっていく見通しだ。
 東南アジアでの第1号案件を、このほどベトナムのハノイで稼働開始した。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実証プロジェクトとして建設したもので、同国にとってもこうしたプラントは初めてのケース。市北部にあるナムソン処理場で、産業廃棄物向けの焼却施設を設けた。
 施設はロータリーキルン・ストーカ式とよばれる焼却炉を備え

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込