ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年09月25日 日系企業の出入りが活発化 - シンガポール

他のASEAN各国にシフト
 シンガポールでは、日系企業の出入りが活発化してきている。以前は進出のみ盛んだったが、最近の傾向は退出も目立っている。退出の理由は、ASEANの他国への事業シフト、シンガポールでの事業縮小に加え、日本への人員シフトも目立っている。また、その背景としては、シンガポールの人件費上昇やシンガポール人の雇用義務などにより雇用コストが上昇する一方で、他の ASEAN各国の市場が整備され、必ずしもシンガポールに企業を置く必要がなくなったことが挙げられる。この点、タイを筆頭にインドネシア、ベトナム、フィリピンは人口の豊かさや人口構成でも魅力的で、地産地消という面においても人口がわずか560万人のシンガポールと比べ相当な優位性がある。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込