【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2013年08月26日 揚げタロイモ

 5年前にオープンした揚げタロイモ屋さん「ユイ・プア・トッド(ユイさんの揚げタロイモ)」。オーナーのユイさんは開店のきっかけについて、子供が出来る までスナック菓子を販売しており、その後何かできる事はないかと探していた。タイに伝わる毎年9月1日から9日間の菜食週間である中国伝統行事「斎 (ジェー)」の期間中に揚げタロイモを作っていた時に思いついたという。タロイモ以外にも大根や豆腐を揚げてしまうという日本人からみれば大胆な発想だ が、多くのお客さんが足を運んでいる。
 ユイさんの作る揚げタロイモは、他の屋台で売っている細長いのとは違って円形をしている。これは揚げタロ イモの特徴である外はパリパリ、中はホクホクをさらに惹きたてる。また揚げ大根についても、持ち帰りせずに出来たてを食べてほしいという。その理由は毎日 新鮮な大根を氷水で冷やし使用しているため、揚げたての自然の甘みを味わってもらえるからだという。そのこだわりが1日タロイモ30キロ、大根10キロを 販売する人気店に押し上げた。もうすぐ斎が始まるが同期間中は1日70キロ近く販売するため、2~3日前の予約が必須である。
アドレス:バンコク・マハノップ通り(1号店)、シーロムソイ10(2号店)

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込