【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2013年07月08日 紅茶専門店

 バンコクサラデーンにあるカフェ「ピオニーハウス」は、ハーブティーから日本茶まで揃える紅茶専門店。2008年にオープンしてから、健康ブームと相 まっ て人気が上昇し、一躍有名店となった。店名の牡丹(ピオニー)はもともと祖母の家を改造した事にちなみ、祖母の趣味である牡丹の写生から引用。店内には彼 女の書いた素晴らしい絵が飾られてある。タイでは紅茶を飲む習慣がないが、オーナーの祖母は中国系であり、中国様式の作法を嗜んでいたという。それ故、タ イハーブティー、中国茶、日本茶、紅茶と幅が広がり、その数なんと60種類を超えている。特徴的なのは、お客自身でも茶葉をブレンドできる事。オーナーに よると、自分自身の風味を創る事で飲んだ時に自身の感覚も高まるとのこと。また紅茶のみならず、茶葉を使った自家製のマフィンやスコーンも人気である。
ホームページhttp://www.peonyhouse.com/index.html

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込