ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2013年10月29日 昔の個人商店をイメージ

バンコクのピンクラオ橋を渡ったバンコクノーイ区、車が1台しか通れないソイにある、学生に人気のカフェ「コー・アウィ・コー・ガーフェ」。オーナーご夫 妻は共に脱サラしてのんびりカフェを経営しようとした所、目の前が学生寮であったことや周辺にカフェが一軒も無かったこと、夜遅くまで営業しているお店が 無かったことなどの理由で繁盛してしまったという。お客さんの9割が学生ということで、彼らに頼まれるようにフードも追加し、今ではタイ・欧米・日本料理 を出すまでに至る。
 お店のコンセプトは「昔の個人商店」。オーナーによると、20~30年前、セブンイレブンができる前までは個人商店で駄菓 子、おもちゃなど何でも買っていた事が懐かしく、趣味で集めたおもちゃなどを店内に飾っている。このアットホームなスタイルが地方からでてきた学生さん達 の心の拠り所にもなっている。また二階にあがるとこちらもオーナーの趣味で集めた本がたくさん置いてあり、学生さん達の図書館状態となっている。バンコク 都庁からも良い本を提供しているお店ということで受賞されたという。
 オーナーは経営にあたってのモットーについて「From C to F」というキーワードを掲げている。これは「お客さん」から「友達」へと信頼関係を構築することが大事だという。人気メニューは、トムヤムクンセット、カ オパットセット、パスタセット、ステーキセットなどの学生さんに人気のセットメニュー。
 住所:167/3 Soi somdet phra pin klao 19 Somdet phra pin klao Road Arunamarin Bangkok noi Bangkok 10700

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込