【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2013年11月05日 うま味調味料なしのタイ料理

 若者の街サイアムスクエア・ソイ6にあるタイ料理店「ルアン・アロイ」。美人オーナーのンガムさんは20年前、ザ・モールタープラ店のフードコー ト内に開業し、ザ・モールのベストセラー賞を受賞するなどその人気は瞬く間に広がった。しかし、開業からたった1年、賃料が高騰して閉店を余儀なくされて から、乾燥水産製品のアメリカ向け輸出事業を開始したという意外な経緯を持っている。

 輸出業者としてすでに大成したにも関わらず、「ルア ン・アロイ」の再出店を諦めず、1年前にようやくその願いがかなった。しかし、経営環境の変化は非常に激しい。その1つは、当時とは比較にならないほど賃 料が上昇したこと、さらに客層の多様化である。当初のターゲットは学生や夫婦がメインであったが、外国人旅行者が多く訪れるようになったことは幸運だっ た。
 旅行者が必ずといってもいいほど訪れるサイアムだが、意外に昔ながらの味を出しているお店は少ない。化学調味料(うま味調味料)を使うお店 が多く、味が均一になってしまっているというのがバンコクではよくある話だが、このお店は一切使っていないので本当のタイ料理が味わえる。オーナーの食に 対するこだわりとお客様に対する信頼を感じ取ることができる。お薦めメニューは「トムヤムクン」や「パッタイ」と代表的料理はもちろん、「カオパット(焼 飯)・ヌア(牛肉)ケン(塩)」もお勧め。また、料理と一緒に付いてくるうま味調味料の入っていないあっさりとしたスープもなかなかである。
営業時間10時~20時、場所サイアムスクエア・ソイ6

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込