ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2013年11月25日 ローカル地区の雰囲気を楽しむ

 前回お伝えしたバンコクノーイ区にある人気カフェ「コー・アウィ・コーガーフェ」のやり手オーナーが出店した2号店は、1号店とはまったくコンセプトが異なるリバーサイドレストラン。チャオプラヤ川を眺めながらの食事は言うまでもなく良い雰囲気である。お薦めはカオパット・プー(蟹チャーハン)やクン・パオ(焼エビ)、プラーヌン・マナオ(白身魚のマナオ蒸し)などのシーフード。具材は毎日市場で仕入れているため新鮮そのもの。また、夜にはライブショーも楽しめる。

 言うことなしの条件が揃っているが、ただ一つ難点なのがソイの奥深くにあるため、非常に場所がわかりづらいこと。しかしオーナーによると、「あまり開発・整備されてない地域であり、場所もわかりづらいが、リバーサイドのコミュニティや住民の生活を見ることができる。これも観光の1つではないだろうか」と非常に貴重な意見を語ってくれた。またそういったわかりづらい立地だからこその特典としてやはり価格は安い。1皿70バーツから新鮮シーフード料理がいただける。
TEL(2号店):08-4916-6336 TEL(1号店):02-882-4003もしくは081-904-9181

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込