ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年01月06日 台北かき氷

  2013年の6月にオープンしたシェイブアイス(かき氷)のお店「スヌーズカフェ」。本場台北のかき氷が味わえるということで人気を呼んでいる。店名の 「スヌーズ」とは携帯電話大国らしく、目覚まし時計として使う際に「スヌーズ機能でゆっくり起きたい」という願望から、カフェではリラックスを提供すると いう意味が込められている。

 タイの音楽専門チャンネルVの人気VJとの共同経営という意外な組み合わせ。実はこのVJが台湾出身ということもあり、台北名物の大きく、食べ応えのあるかき氷を販売したという経緯である。
 フルーツ独自の自然な甘さで作る本場の味に加えて、ノムイェン(苺練乳)やチャーイェン(タイアイスティー)、タロイモ、オバルティン(有名な麦芽飲料ブランド)などタイ文化も味わえる事が嬉しい。
  オーナーによると、さらに本場の味を出す為に、アイスクリームのスライス機の追加輸入を考えているという。というのも、スライサーにも種類があり、切り口 によって異なる味が演出できる。これまで以上に美味しく、また台湾とそしてタイの味を提供していきたいと抱負を語ってくれた。

住所:B10, U Center, Soi Chula 42, Wangmai, Pathumwan, Bangkok, 10330

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込