ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年01月20日 求められる国内産豚の供給増

 カンボジアの農村地帯では、牛・豚・鶏などを家庭で飼育している場面をよく見かける。牛は主に耕作や力車として使用され、豚と鶏は主に食用に自家用として 消費したり、消費者に向けて市場へと出荷されていく。特に豚は、妊娠期間が4カ月弱で、1年に2回、一度に10頭近くの子豚を産む特性があることから、収 益性が非常に高く、豚の飼育は好まれている。国内での養豚は、主にプノンペン近郊の州に集中しており、他はシェムリアップ等にも点在している。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込