【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年02月16日 混迷する選挙改革(2)

 2013年7月に直近の総選挙が実施されたカンボジアでは、昨年2月から選挙改革に向けた与野党間の協議が続いている。本稿では、前回(2014年12月15日:第297号)に続き、昨年7月から今年1月までの選挙改革に向けた動きを紹介したい。

 野党・救国党は昨年7月15日、デモ隊と治安部隊の衝突をきっかけに1月から集会が禁止されていた、首都プノンペンの民主広場の開放を求める抗議を行った。その抗議行動の際に発生した暴力事件に絡み、救国党の当選者7人と活動家1人が、反乱、意図的暴力などの容疑で7月15日から17日にかけて逮捕・勾留された。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込