【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年04月20日 選挙改革関連2法と新国家選挙委員会の成立

 2014年2月から選挙改革に向けた与野党間の協議が続けられてきたカンボジアでは、今年3月下旬にようやく「国家選挙委員会の組織および運営に関する法律」(以下、NEC法)と「国民議会議員選挙に関する法律」(以下、新選挙法)が制定された。さらに4月上旬には、新たな国家選挙委員会(以下、NEC)が発足し、選挙改革へ向けた動きは大きな進展をみせた。本稿では、今年2月から4月上旬までのこれらの動向を紹介したい。


NEC法と新選挙法の制定

 与党・人民党と野党・救国党による作業部会は、昨年12月8日にNEC法案の起草を終えた後、計27回の協議を重ねて今年3月6日に新選挙法案の起草作業を完了した

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込