【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年12月21日 野党の救国党党首に逮捕状発行

 プノンペン都始審裁判所は11月13日、野党・救国党のサム・ランシー党首に、7年前の名誉毀損事件で逮捕状を発行した。同党首は2008年4月の演説で副首相兼外務大臣に対する名誉毀損罪と扇動罪に問われ、2013年3月に控訴裁判所で禁錮2年・罰金約2,000米ドルの有罪判決を受けていた。今回の逮捕状の発行は2013年に確定した刑の執行のためとされているが、人民党政権による野党排除の動きという見方が有力である。


救国党党首への相次ぐ攻撃

 サム・ランシーは11月10日に滞在先の日本で、ミャンマーで実現しつつある政権交代の波がカンボジアにも到達するであろうとの認識を示し、人民党は敗北を恐れて2018年総選挙を回避したがっている、という主旨の発言をした。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込