【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年09月20日 指紋認証技術を用いた選挙人登録の開始

 2013年総選挙の結果をめぐって大規模な抗議行動が多発したカンボジアでは、選挙改革に向けた与野党間の協議が2014年2月から1年以上にわたって行われた。その結果、2015年3月に国家選挙委員会(以下、NEC)法と新たな選挙法が制定され、同年4月にはNECが新体制となった(2015年4月16日付の本連載記事を参照)。

 NECが選挙改革の一環として取り組む課題は多岐にわたるが、とくに注目されるのは新たな選挙人名簿の作成である。従来のカンボジアの選挙では、多重登録や不当な削除など、選挙人名簿の質や改ざんが大きな問題となってきた。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込