【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年03月16日 シェール革命の恩恵はLPGにも

 水平掘削や水圧破砕、三次元探査といったシェールガス開発の技術進展によって、2008年以降、米国・カナダで天然ガスが大増産されるようになった。この技術はシェールオイルの開発にも生かされるようになり、近年、米国では原油生産も大幅に増加している。こうしたシェール開発の加速によって、米国のガス、原油の需給は緩和し、市況は大きく値下がりした。それと同時にこれまで大量のエネルギーを海外からの輸入に依存していた米国が自給自足の体制を築きつつあることで、世界のエネルギー需給構造にも影響を与えるようになった。中国の成長鈍化とあいまって、世界のガス、原油の需給は緩和傾向を強めており、国際市況も昨年後半から急速に値下がりしている。

 このような変化をもたらした「シェール革命」は、プロパン、ブタンなどLPG(液化石油ガス)市場にも影響を及ぼしている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込