【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年06月22日 中東産LPG、6年ぶりの安値

 中東産LPG(液化石油ガス)の日本向け出荷価格が6年ぶりの安値水準まで下落してきた。背景には中国経済の減速などアジア市場の需要鈍化と昨年来の急激な原油価格の下落、米国産LPGの供給増に伴う世界的な需給構造の変化が指摘されている。とりわけ米国産の影響が最近、色濃くなっている。

 中東の盟主サウジアラビアの国営石油会社(サウジアラムコ)が毎月、日本の石油会社や商社など長期契約先に翌月のLPG出荷価格(サウジCP)を通知している。このCPが中東産の事実上の指標価格となっている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込