【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年10月24日 流動性の高いLNG市場の構築へ

 東京で来月24日、経済産業省主催のLNG(液化天然ガス)産消会議が開催される。今回のテーマは国際LNG市場実現に向けての取り組み。アジアのLNG価格がグローバルな価格形成を主導していくための取るべき方策について議論する。市場価格を査定する価格報告機関(PRA)によるパネルディスカッションも行われる。
 LNGは日本が年間18兆円相当を輸入する、原油に次いで重要なエネルギー源である。また世界のLNG市場において日本は、世界総需要の3分の1を輸入する最大の消費国でもある。日本はLNGの大半を火力発電と都市ガスに用いている。電力・都市ガスの全面自由化に伴い、LNG調達も従来の供給安定を第一とした「長期安定性」や「量の確保」から、競争を前提とした「柔軟性・弾力性の確保」や「市場の活用」へと重点が移りつつある。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込