ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年12月18日 アラスカ産LNGに脚光

 米国アラスカ州で産出される天然ガスにアジアのエネルギー輸入大国が関心を示し始めた。東京ガス(9531)は5日、同州における新規LNG(液化天然ガス)プロジェクトに関する関心表明書を、プロジェクトの推進主体であるアラスカガスライン公社(州政府が100%出資)と締結した。両社は今後、LNG購入等について検討を始める。これと同様に、中国石油化工(SINOPEC)など中国国営3社も同プロジェクを前進させるための共同開発合意書を先月、トランプ米大統領の北京訪問に合わせて締結した。

 アラスカ州政府は伝統的な石油・ガスの生産地として知られるが、州経済を支えてきた北部油田の石油生産は減衰が進み、南部のガス田も枯渇化している。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込