【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2013年10月21日 メコンの中心、豊富な電力供給 - 武井耕一JICAラオス所長インタビュー

第4回〜ラオス

――ラオスの印象は…。

武井 急速に開発が進んでいる印象が強い。首都では大型商業施設の建設工事が進み、ちょっとしたバブルの様相だ。また、昔は正直に言って渋滞するほど車が普及していなかったが、最近は自動車が爆発的に増え、首都ビエンチャンでは時間によっては渋滞が発生している。東西経済回廊の中継地でタイに隣接するサバナケットの発展も著しいが、経済全体としては、タイへの依存が目立つ。輸出入ともにタイの影響力が大きく、人口600万人のラオスから40万人もの人々がタイへ出稼ぎしているという説もある。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込