【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年06月23日 チラマヤ新港は2020年以降 - インフラ未整備を織り込み進出を

第36回〜インドネシア

 中期的な有望国として中国を抜きトップにたったインドネシア(JBIC調査)だが、インフラの未整備は最も留意が必要なことの1つとされる。東南アジアで抜きん出た市場性を持つ同国は、投資先としても最有力なだけに、インフラの未整備を織り込んだうえでの事業計画が求められる。

 世界経済フォーラム(WEF)のリポートによると、インドネシアのインフラ競争力指標は144カ国中92位。東南アジアではマレーシアの29位、タイの49位から大きく離され、フィリピンの98位やベトナムの119位をやや上回る水準。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込