【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年08月11日 内陸都市の成長モデルに - 北部ランプーン、高付加価値がカギ

第43回〜タイ

 1980年代後半から開発されたタイ北部チェンマイ近郊のランプーンが、内陸部にある都市の開発モデルとして改めて注目されている。東南アジアではミャンマーのマンダレーやラオスのビエンチャンが内陸の都市として知られ、今後は活発な開発が行われる見通しだが、地方の中核都市の育成という面からも、ランプーンの開発は参考になるとみられる。

 ランプーンはバンコクから北に689キロ、チェンマイからは南に30キロに位置し、「北部工業団地」と「サハグループ工業団地」の2つの工業団地がある。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込