【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年09月16日 北部の大動脈と玄関口が一新 - 一大産業集積地と海外を結ぶ

第47回〜ベトナム

 ベトナム北部で建設中のインフラ2案件が、企業活動や投資誘致に大きなインパクトを与えるとみられている。ハノイ首都圏と国際港のあるハイフォン市を結ぶ高速道路と、新たな国際港ラックフェン港の整備は、地域の産業大動脈と玄関口を一新する大事業。近年中の完工を控え、日本からの注目度もさらに高まっている。

 両案件が注目されるのは、周辺地域がベトナムの一大産業集積地となり、海外とのつながりを一層強めているため。近年は工業団地の新設が相次いで投資に拍車がかかったほか、日系や韓国系の電機・電子メーカーを筆頭に、多くの企業が世界的な生産拠点を設けている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込