【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年11月10日 高成長持続に疑問符 - 構造的変化はみられず

第55回〜フィリピン

~大和総研 アジアリサーチ・ヘッド 児玉 卓 氏 インタビュー~


――フィリピン経済をどう見るか…。

児玉氏 最近注目を集めているフィリピン経済だが、それが改革の結果としての持続可能なものなのか、それとも偶然による一過性なものか、十分に検証されていないのではないか。私自身は、後者の可能性が高いと考えている。その最大の理由は、長年の課題である投資不足が解決されたようには見えないことだ。中国が特徴的だが、途上国が高い経済成長を実現する上では、投資が主導的役割を果たすことが多い。ところが、フィリピンの場合、長期間に渡って投資が伸びなかったため、道路や電力といったビジネス環境が整わず、外資企業に敬遠され、その結果マレーシアやタイに置いていかれ、インドネシアに追い抜かれることになった。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込