【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年05月18日 大企業との関係がさらに希薄化 - 中小企業、独自の開発や販路開拓が課題

第80回〜ASEAN

 中小企業が、従来の大企業依存を越えて自ら市場開拓する必要性が高まっている。このほど発表された「2015年版中小企業白書」で、独自の製品開発や販路開拓の重要性がさらに増していることが指摘された。グローバル化にともなう下請構造の変化がその背景。

 「系列」に代表される従来の下請取引構造に、大企業と中小企業の関係希薄化が目立ってきた。白書によると、取引額の最も大きい親事業者への依存度が30%を超えている下請事業者は、2001年に75.8%あったが2013年には61.0%に減少。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込