【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年06月29日 期待高まる自動車産業 - 7月発表の施行規則がポイント

第86回〜フィリピン

 フィリピンのアキノ大統領が5月29日に承認した自動車振興戦略(Comprehensive Automotive Resurgence Strategy、CARS)について、期待感と不安感が交差している。同国の自動車市場シェアの過半数を握るトヨタと三菱自動車は概ね振興策に好意的で、それぞれプレスリリースでCARSを歓迎する声明を出した。しかし、将来については依然不透明なのが現状だ。


これまでは他国に出遅れ

 米CIAによれば、2014年におけるフィリピンの製造業がGDPに占める割合は31.5%と、インドネシアの45.5%、タイの43%、マレーシアの34.7%、ベトナムの38.1%を下回り、アセアン主要国ではシンガポールの25.3%に次いで低い水準となっている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込