【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年07月21日 総選挙まであと4カ月 - 与野党とも大統領候補選びがポイント

第89回〜ミャンマー

 ミャンマーの連邦選挙管理委員会が8日、総選挙の実施日を11月8日と決定したり、アウンサンスーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)が11日に総選挙への参加を表明したりするなど、ここ最近ミャンマーの政治情勢は大きな動きを見せている。


NLD優位も、ハードルは高い

 総選挙の最大の関心はもちろん現在の与党である連邦団結発展党(USDP)から、NLDが政権を奪えるかどうかだ。ミャンマーの憲法では大統領は公選制ではなく、全国会議員による選挙団が選出すると定められているため、総選挙の勝者が大統領を選ぶことになる。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込