【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年08月24日 「技術」と「地域ハブ」を推進 - 経済開発庁、日本企業の役割も強調

第93回〜シンガポール

 8月に建国50周年を迎えたシンガポール。経済的な成功を収め、今後のさらなる成長戦略やビジネスハブとしての役割に注目が集まる。外国企業の誘致や関連の取り組みを中心に、産業育成や投資誘致を管轄するシンガポール経済開発庁(EDB)の副次官リム・スウィニェン氏に聞いた。


――現在、特に誘致を促進している分野・業種と、それに対するEDBの施策は…。

 シンガポールに競争力のある知識集約型産業あるいはイノベーション分野を重点に、さらに競争力を高めるような投資誘致を図っている。製造分野では、将来に向けた変革や新たな位置付けを行っていきたい。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込