【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年09月28日 法制変更・手続き面で割安感 - 現地法人が体験したSEZのメリット

第97回〜カンボジア

 カンボジア進出を検討するうえで、地代やサービス料は高いものの総合的に考えた場合、経済特区(SEZ)で良かったという声が多い。JETROによるカンボジアに進出した日本企業の投資動向調査では、過去3年間の進出企業数(適格投資プロジェクト承認ベース)は、12年22社、13年22社、14年12社となったうち、SEZ内に進出した企業数は12年16社、13年14社、14年11社と半数以上がSEZを選んでいる。現地子会社を持つ商社はSEZのメリットについて「インフラの整備水準だけでなく、法規制や労務関係でもメリットが大きい」と言う。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込