【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年12月07日 大統領選挙に新たな波乱 - 「処刑人」市長が参戦、最有力候補が資格喪失

第107回〜フィリピン

 フィリピンの大統領選挙の不透明性が足元で急速に高まっている。犯罪者を私的に処刑しているとみられているにも関わらず高い人気を誇り、「処刑人」とあだ名されるダバオ市のロドリゴ・ドゥトルテ市長が11月末に正式に立候補の意図を明らかにしたうえ、2日にはこれまで世論調査で最大の支持数を獲得していたグレース・ポー上院議員の大統領候補資格を、選挙管理委員会が否定した。ドゥトルテ氏は、フィリピン人であるか疑わしいポー氏を当選させないことが立候補の理由だと語っており、もし最終的にポー議員の大統領資格が認められない場合、ドゥトルテ氏が立候補を撤回するのかどうか分からないことも波乱材料になっている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込