【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年01月18日 企業業績が底入れの予想 - 第4四半期の企業決算

第112回〜タイ

 今週から本格化するタイの15年第4四半期(15年10月~12月)の決算シーズンでは企業業績がボトムアウトするとの見方が強まっている。銀行業から順次決算発表が行われるタイでは、景気動向に最も左右される銀行業績が企業全体の物差しとして見られている。大手銀行4行の15年第3四半期(15年7月~9月)の純利益は、バンコク銀行が前年同期比5.4%減、カシコン銀行が同19.2%減、サイアム商業銀行が同32.0%減、クルンタイ銀行が同42.2%減といずれも大幅なマイナスを記録。しかし、第4四半期の市場予想では、カシコン銀行を除き、3期ぶりにプラスに転じる見通しとなっている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込