【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年08月01日 自動車販売、比・越が好調維持 - 主要5カ国、上半期は2%増

第139回〜ASEAN

 ASEAN主要5カ国(インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム)の1~6月の自動車販売台数が前年同期比2%増の147万台(各国自動車協会調べ)となった。このうち、ベトナムが前年同期比27%増(販売台数16万台)、フィリピンは同31%増(同13万台)と好調を維持した。ベトナムではセグメント別に、乗用車が同30%増の7万台、商用車が同38%増の5万台となったほか、メーカー別シェアでは起亞が3割、トヨタ2割、以下フォード、マツダ、ホンダ、GMなどがそれぞれ1ケタ台と続いている。また、フィリピンでは乗用車が同18%増の6万台、商用車が33%増の10万台となったほか、メーカー別シェアではトヨタが4割、三菱が2割、フォードが1割、以下、いすゞ、ホンダとなっている。高い経済成長を続けている両国では、一人当たりGDPの上昇ともに農業を中心としたピックアップトラックなどの商用車の利用が増加している。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込