【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年09月20日 日比に相互補完性 - JICAフィリピン事務所所長・伊藤晋氏

第145回〜フィリピン(連載第3回)

―――フィリピンでの活動状況は…。
伊藤 両国関係が非常に良好であることもあって、フィリピンへのODA供与額は順調に伸びている。昨年度については、首都マニラでの「南北通勤鉄道事業」向けに約2,400億円の円借款を供与することが合意されたことで、円借款の供与額はインドに次ぐ第2位となった。

―――支援分野は…。

伊藤 日本政府は、「持続的経済成長の実現」、「脆弱性の克服と生活・生産基盤の安定」、「ミンダナオにおける平和と開発」を支援の重点分野としている。例えば、「南北通勤鉄道事業」は持続的成長と生活基盤の両立を目指す計画だ。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込