【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年10月03日 教育改革で労働力改善へ - フィリピン日本商人工会議所・藤井副会頭

第146回〜フィリピン(連載第4回)

―――急成長の実感は…。
藤井 実はさほどないのが正直な印象だ。先代のアキノ大統領は「インクルーシブ・グロース(包括的な成長)」という目標を政権の後半になって掲げたが、これは裏を返せばこれまでの成長が偏ってきたということだ。現在首都圏ではビル建設が盛んに進んでおり、特に経済の中心のマカティ市の東の地区はシンガポールと見間違うような発展が進んでいるが、フィリピン経済の下層部の底上げはなされていない。ビジネス・プロセス・アウトソーシング関連企業や製造業では輸出型の企業が多いため、外国とは繋がっているが、地元の経済とは繋がっていないのが実態だ。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込