【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年01月23日 産業集積は紅河の南側へ - ハナム省への企業進出続く

第161回〜ベトナム

 ベトナム北部経済圏で、産業集積がハナム省を中心とした紅河南側へと拡大している。トヨタ自動車やホンダが進出するビンフック省や、住友商事によるタンロン工業団地のあるハノイ市・フンイエン省など、これまでは紅河北側が日系企業の活動の中心だった。ここへきて南側では、工業団地や交通インフラの目覚ましい改善や安価な労働力などを背景に、進出先として注目度が高まっている。

北部経済圏の南のゲートウェイ

 「進出当初は月1~2回のペースで停電していたが、最近はほぼなくなった」「地価が比較的安価で、入居した工業団地は中小企業向けに小規模単位で分譲してくれた」「ハノイやハイフォン港にアクセスが良い」――。進出企業からはこうした声が寄せられている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込