【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年02月06日 広がる顧問殺害の波紋 - 国軍、過激派仏教徒・イスラム教徒に動機

第163回〜ミャンマー

 ミャンマー与党国民民主連盟(NLD)の法律顧問で、イスラム教徒だったコーニ―氏が1月29日に殺害された事件の波紋が広がっている。60代の同氏は、インドネシアでの公務から帰国直後、ヤンゴン国際空港のタクシー乗り場で、現地時間4時30分ごろに頭部を銃撃され死亡した。殺害される直前、同氏は出迎えに来た孫と抱擁していたという。
 コーニ―氏は、アウンサンスーチー氏の現在の役職である「国家顧問」の考案者という見方もあるほどNLD内で影響力が強く、スーチー氏の大統領就任を阻む現行憲法修正にも主導的な役割を果たしていたとされる。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込