【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年02月27日 鉱山閉鎖で混乱続く - ロペス大臣の決定に賛否の声

第166回〜フィリピン

 フィリピンで、ジーナ・ロペス環境天然資源大臣を巡る混乱が続いている。同大臣は、2月2日に23カ所の鉱山閉鎖、5カ所の操業停止を決定したあと、2月14日には事業者に鉱業権を付与する鉱物生産分配協定(MPSA)のうち、75案件の撤廃を発表した。同大臣は、鉱山会社が環境規制を遵守せず、河川を汚染していることを閉鎖の理由としたが、決定については賛否両論だ。

 批判の声は、閣僚人事などの承認権を持つ任命委員会を中心に進展している。フィリピンでは閣僚は大統領が指名したあと、両院議員で構成される同委員会の承認を受ける必要があるが、16年6月にドゥテルテ政権が発足して8カ月が経過した今もロペス大臣は依然承認を受けていない。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込