【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年05月29日 ASEAN市場への資金流入継続へ - 米利上げに好材料で応戦

第178回〜ASEAN

 6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)では今年2回目となる政策金利引き上げが想定されているものの、新興市場のASEAN各国為替、債券、株式市場からの外資流出は起こりにくい環境が整ってきている。経済成長率の回復や加速、それに伴う企業業績の回復・拡大に加え、足元ではソブリン債格付け引き上げや政策期待などの新たな支援材料が出てきたためだ。
 S&Pグローバル・レーティング社は19日、インドネシアの長期国債格付けを投資適格級への引き上げを決定。発表同日の同国株式市場は最高値を更新したほか、同国10年債利回りは昨年9月以来の低水準を付けるなど、外資流入の傾向が顕著となってきている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込