ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年02月23日 汚職撲滅委の危機はジョコウィの危機

 先月から大問題になっている警察と汚職撲滅委員会(KPK)との対立について、無視できない事態となっているため、言及したいと思う。どのような決着となるか先行きは不透明であるが、警察も与党闘争民主党(PDIP)も、KPKつぶしに躍起になっていること、党首ではないジョコウィ大統領がPDIP内にも確固たる支持基盤がなく、警察も軍も統制できないということが露呈したといえる。ジョコウィの判断によっては、警察内部対立の激化、議会運営の完全な停滞、最悪の場合、治安の悪化も考えられる。また、今までのようにKPKが機能しなくなると、汚職蔓延に歯止めがかからず、海外からのインフラ整備事業はますます中国の一人勝ちになりそうな気配である。この問題の対応を誤ると大変なことになる。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込