ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年10月05日 インフラ輸出と汚職対策支援は両輪で

 ジャカルタ・バンドン高速鉄道事業について、インドネシア政府の財政負担や債務保証を伴わないとする中国側からの提案が採用された。高速鉄道事業を見直し、「中速鉄道」とする方針が打ち出され、あらためて日本を含む各国企業に参画機会を公平に提供するとの説明をしていたインドネシア政府だったが、採算が取れるか疑わしい中国の提案を急遽受け入れることにしたのだ。公平な競争の上、採用されなかったのであればあきらめもつくが、個人的なつながり、目先の利益だけを追求した決断に見えてしまう今回の決定には、ただただ唖然とする。日本企業が早期着工を熱望している西ジャワ州のチラマヤ新港の建設も待ったがかかっている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込