ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年04月25日 高速鉄道の決め手は賄賂か、大臣に疑惑

 ここ数日、ネット上のニュースを賑わしているのは、日本の新幹線が中国との受注合戦に敗れた出来事と深い関わりのある汚職事件である。事の発端は、中国鉄道(CRC)の幹部、Ji Wenlin氏とZhou Yong Kang氏がタイにおける中国高速鉄道に関わる収賄容疑で有罪を受け、それぞれ8年と14年の禁固刑を言い渡されたことにある。彼らは、今年1月21日に行われたジャカルタ~バンドゥン間の高速鉄道建設の起工式にも出席していた顔ぶれである。CRC幹部の逮捕を受け、新たに浮上したのが、インドネシア国営企業相のリニ・スマルノ氏に対し5万ドルを渡したという話である。現在、警察が調査中で、事実関係は不明である。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込