ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年07月25日 イスラム教の正しい理解を

 今月6日は、イスラム教徒にとって最もおめでたい日である、断食月明けの祝日であった。家族や友人が集まって盛大にお祝いをする特別な日である。その大切な祝日を祝う前日、つまり、聖なる断食月の最後の日、イラクのバグダッド、サウジアラビアのメディナなど世界各地で爆弾テロ事件が起きたことを、多くのインドネシア人は非常に悲しんでいた。ジャワ島のソロでも、断食月最後の日に警察を狙ったテロ事件が発生した。メディアが伝えるようなイスラム過激派やISといった捉え方よりも、多くのインドネシア人は、気の狂った犯罪者という認識が強いが、これもテロであることに間違いない。「これらのテロ行為と本来のイスラム教の価値観とは全く相いれないものであり、テロとイスラム教は何の関係もなく、憎むべき行為である。」

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込