ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年08月29日 ジャカルタ以外にも目を向けて

 インドネシアは8月17日、71回目の独立記念日を迎えた。独立記念日を前にジョコウィドド大統領は、「領土領海の隅々まで常に監視の目を行き届かせる」と述べ、違法操業する漁船の摘発が絶えない「ナトゥナ諸島を含めた開発を進めていく」と表明した。ナトゥナ諸島といえば、今年5月に、違法操業をしていた中国漁船を拿捕、その後、海上で爆破し沈めたことで、インドネシアの警備艇と中国漁船や中国海警局との間で衝突が増えている地域である。独立71周年にちなんで、フィリピン、マレーシア、ベトナム、中国からのナトゥナ諸島周辺で拿捕された違法操業船71隻が沈められる予定だったが、結局、独立記念日の当日60隻を沈めたという。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込