ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年10月31日 「洪水対策」で目立つ強引な手法

 アホック・ジャカルタ知事の公約に洪水対策がある。しかし、来年行われる知事選に向けて実績を強調したいからなのか、最近、強引な手法が目立ち批判を浴びている。   
 今月行われたチリウン川にあるスラム街の撤去は、訴訟中にも関わらず撤去を執行したとして「法律と人権を無視している」とインドネシア人権委員会から指摘を受けたほどである。チリウン川はジャカルタで最も汚いと言われるゴミだらけの川で、川岸にスラム街が立ち並び、大雨が降るたびに洪水をもたらしている川である。チリウン川の清掃・スラム街の撤去と川幅の拡張などは、洪水対策の観点からは非常に重要である。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込