ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年09月25日 ロヒンギャ問題とインドネシアでの反応

 インドネシアのメディアは、ロヒンギャに関する話題で持ち切りである。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、ミャンマーのラカイン州北部で8月25日以降発生した暴力行為により、隣国バングラデシュに逃れたロヒンギャは37万人にのぼっているという(9月12日現在)。これは同地域のロヒンギャ人口約110万人の3分の1近くに相当する。緊急を要する人道危機であることは間違いないが、フェイクニュースも飛び交い、情報が錯綜しているのが現状である。ASEAN各国は内政不干渉の原則が強く、他のASEAN加盟国の問題、特に当該国が嫌がる政治的な問題は口出ししないという暗黙の了解があった。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込