ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年11月10日 川崎の東洋ロザイが代表事務所

 10月2日、ラオス計画投資省において、ナムパック水力発電プロジェクトの事業契約調印式典が行われた。同プロジェクトの投資総額は2億4320万ドル、そのうちの70%が金融機関からの借り入れとなる。同プロジェクトは、Nava Bharat Lao Energy Pte. Ltd.社が70%、神戸グリーンパワー社15%、ラオス電力公社15%の合弁プロジェクトで、発電された電力のすべてをラオス電力公社が買い取る契約となっている。同ダムは、発電量150MWの流れ込み式ダムで、ヘッドが高さ680メートルを誇り、日本の黒四ダムの580メートルを凌ぐ規模となる。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込